三番瀬フォーラムホームページへ NPO三番瀬トップページへ戻る

NPO三番瀬はこんな団体です。

 −特定非営利活動法人 三番瀬環境市民センター−
●NPO三番瀬は、なぜ設立したの?
●お問い合わせ先

NPO三番瀬は、三番瀬の保全・再生をめざして、海の自然再生と海と街をつなぎ直す活動をしています。

●NPO三番瀬とは?

NPO法人設立! なぜ?
 私たちはこの度、NPO(特定非営利活動法人)を設立しました。名称は「三番瀬環境市民センター」。行政が三番瀬の保全を検討し始めたいま、単に行政頼りの保全策を求めるのではなく、市民もこれまでの蓄積を生かした保全策の構築と実施を担いたいと思っています。地域の自然をまもり続けるためには、行政だけが動いてもうまくいかないものです。再生事業や利用ルールを行政のみで策定しても、保全のための管理運営を行政のみで行えば多額の経費がかかり、利用者がルールを守らなければ実効性の乏しいものとなります。市民と行政がお互いの持ち味を生かしながら、お互いに責任をもって協働することが、なにより大切なのではないでしょうか。
 そのための市民の組織が、NPO三番瀬なのです。

設立の趣旨は?(設立趣旨書より)
 千葉県市川市及び船橋市、浦安市地先に広がる浅海域である東京湾三番瀬は、干潟・浅瀬が広がる海であり、現在全国の注目を浴びている海でもあります。
 この三番瀬は、東京湾奥の自然環境にとって現在においても重要な役割を果たしている海域です。しかしながら一方で、かつてと比べれば、その豊かさにもかげりが見えているのが現状といわざるをえません。また、その周囲の多くはコンクリート直立護岸に覆われており、市民が気軽に海水に触れることが困難となっています。
私たちは、過去10年以上にわたって、干潟散策会の開催、海域の調査・提言活動、行政と対話するシンポジウム等の各種イベント開催など、より多くの方に三番瀬を知っていただき、これからの海辺保全について考えていただこうと積極的に活動してまいりました。
こうした私たちの活動を今後も持続的に行い、三番瀬の環境を保全し、住民が良好な自然の海辺を享受できるような街づくりを行うために、特定非営利活動法人三番瀬環境市民センターを設立いたします。

どんなことをするの?(定款より)
この法人は、千葉県市川市及び船橋市、浦安市地先に広がる浅海域である東京湾三番瀬(以下「三番瀬」という。)の環境を保全し、住民が良好な自然の海辺を享受できるようなまちづくりを行うために、三番瀬に関する政策提言、調査研究、普及啓発、交流、施設等の整備等に関する事業を行い、三番瀬及び沿岸域の環境保全及びまちづくりに寄与することを目的とする。

top

●NPO三番瀬(特定非営利活動 三番瀬環境市民センター)連絡先

 特定非営利活動法人 三番瀬環境市民センター(略称「NPO三番瀬」)
  
 住所:〒272-0111 千葉県市川市妙典6-10-28-303
 電話:047-358-6233
 FAX:047-358-6843  

E−mailはこちらまで

TOPへ戻る